落ちこぼれ配信者の成り上がり【Twitch】/からあげ太郎

配信で役立つ情報などをまとめています。少しでも役に立ったらこのブログをおすすめしてくれると嬉しいです!

雑談や歌枠で派手な演出をつけることができる『Warudo』を2Dアバターで使用する方法

こんにちは! Twitchで配信をしている底辺の「からあげ太郎」です!

今回は雑談枠などで活躍し画面を華やかにしてくれる『Warudo』で2Dアバターを使用する方法です。

『Warudo』は本来3Dアバター向けのソフトですが、2Dアバターでも設定によっては使えそうなので紹介します。

 

TwitchやYouTubeの配信に置いて演出をつけることができるツールで設定すると👇️の画像の様にアバターにアイテムを投げたりすることができます。

Twitchの場合は「レイドされた時」「ビッツを投げられた時」「チャンネルポイント使用時」などの条件を設定できます。

YouTubeの場合は「特定のコメントをされた時」「登録された時」などに条件を設定できます。

 

私自身が色々と試したところTwitchで使うよりはYouTubeで使うことを前提に作られているソフトだと感じましたね。

YouTubeは特定のコメントごとに演出を設定できますが、Twitchではできません。

Twitchのチャンネルポイント交換時の演出として使用することもできますが、特定のチャンネルポイントに対して演出をつけることはできず一律の演出担ってしまします。

※あくまで個人で試しただけなので、やり方によってはもっと自由度が広がるかもしれません。

Warudoのダウンロード

『Warudo』はSteamからダウンロードできる3DVTuber向けのソフトです。

TwitchやYouTubeの配信で使えるので、配信で面白いことがしたい方にはおすすめです。

まだダウンロードしていない人はスチームから入手してください。

使い方

プラットフォームでログイン(Twitch/YouTube)

ダウンロード後『Warudo』を起動してください。

起動すると👇️のような設定を行う画面ともう一つ、アバターを表示するプレビュー画面が開くと思います。

 

まずはTwitchまたはYouTubeのアカウントと連携をしましょう。

①左下のアイコンをクリックします。

②一覧から「設定」を選択。

③設定画面にて「Twitch」または「YouTube」を選択してログインしてください。

アバターの設定

Warudoで2Dアバターを使う設定

画面左下の「+」をクリックします。

『キャラクター』をクリック。

「キャラクター」設定画面を少しスクロール、『ソース』のプルダウンをクリック。

デフォルトで入っている「shipilka」を選択します。

アバタープレビュー画面に👇️のようにアバターが表示されるようになると思います。

再度、左下の「+」をクリック。

『スクリーン』を選択。

「スクリーン」設定画面を下にスクロール。

※この段階でVTuberStudioを起動しておきましょう。

『コンテンツの表示』を「ウィンドウ」に『VTuberStudio』に選択します。

この設定をすることでアバタープレビュー画面に最初に表示し3DアバターとVTuberStudioの画面が表示される様になるはずです。

3Dアバターと2Dのアバターがちょうど重なるように表示する必要があるので、位置がずれている場合は赤枠部分の数字を変更して座標を修正してください。

※ついでにクロマキーの設定もしておくと良いと思います。

①2Dアバターと3Dアバターの位置が同じになって重なるようになったら『キャラクター』タブを開いてください。

②【メッシュ】の項目に『Body』などいろいろあると思いますが、すべて「いいえ」にしてください。

全て「いいえ」にすることで3Dアバターが表示されなくなるはずです。

演出の設定

ココでは配信時に演出を出現させる条件を設定します。

Twitchの場合は「レイドされた時」「ビッツを投げられた時」「チャンネルポイント使用時」などの条件を設定できます。

YouTubeの場合は「特定のコメントをされた時」「登録された時」などに条件を設定できます。

今回はTwitchで配信してる方向けに記載しますが、基本的にYouTubeで配信する場合の操作も同じですので参考にしてください。

条件の選択

①「∑」のタブを選択。

②「+」をクリック「新規ブループリント」を作成します。

①新規で作成した「ブループリント」を選択。

右側の検索欄に「Twitch」と検索。

Raidされたときやビッツを投げられた時など自分が設定したい場面の要素を選択して、真ん中の空白部分にドラッグ&ドロップします。

画像ではTwitchでサブスクライブされたときに演出をつけたいので『Twitchチャンネルが購読を受信したとき』という要素を選択しています。

「Twitchチャンネルが忠誠ポイントを交換する場合」を選択すれば、視聴者がチャンネルポイント使用したときにも演出を表示することができますが、私が試した限りチャンネルポイントごとに設定することはできなかったので、チャンネルポイントでの汎用性は低いかもしれません。

演出の選択

検索欄に「キャラクター」と入力し検索します。

『キャラクターにアイテムを投げる』という要素を選択しドラッグ&ドロップ。

【キャラクターにアイテムを投げる】の『アイテムソース』の写真マークを選択。

アバターに投げつけたいアイテムを一覧から選択します。

『衝突パーティクルソース』もアイテムソース同様に選択してください。

※衝突パーティクルソースとはアイテムがアバターにぶつかったときのエフェクトのことです。

最後に緑色で表示されている『出口』の●部分をドラッグしながら『入口』の●部分につなげてください。

ここまで設定することで選択した条件が配信中に達成された時(サブスクされた時、ビッツを投げられたときなど)に演出が表示されるようになります。

私はアイテムを投げるくらいの演出しか試していませんが、他にも色々できるかもしれないので、興味がある方は試してみてください。

さいごに

個人での配信というものを成功させるために、一番手っ取り早い方法は横のつながりを作ることです。

配信者同士だったり、可愛いイラストを書いてくれる絵師さんとの出会い。

動画を編集してくれるクリエイターさんとの出会いなどなど。

こういったものが重要になってきます。

…なにが言いたいかというと『配信&動画投稿をしている活動者、またそのサポートをする絵師さんや動画編集者さん向け』に今日Discordのサーバを作ってみました。

2024年5月10日に作成したばかりで、どんなふうに動かしていくかなど決まってはいませんが、少しでも色んな方に参加していただきたいと思っています。

よければ参加をお待ちしています。

参加はこちらから