社会不適合者の生き方について考える

23歳IT企業に勤める3年目社員。自身のことを社会不適合者だと思って生きてきたが、発達障害だということが発覚。社会不適合者が生きていくための方法などを考えていく。

ホワイト企業で"ツライ"と思うのは「甘え」じゃない。 ツライと思ったら逃げよう

f:id:nanana_777_ganbaru:20210315000114j:plain


ホワイト企業だけど会社にいきたくない」

 

「仕事が忙しいわけでもないけどツライ」

 

そんなふうに心で思っているのに、

 「甘えているだけだ!」と自分に『言い聞かせ』『騙し』頑張り続けている人。

いらっしゃいますよね。

私自身もそうでした...。

というより、現在進行形でその状態なんですが...。

 

 自分で甘えだと考えているだけではなく、

誰かに相談した結果、

  「社会をなめている」

 

「自分に甘すぎる」

 

「メンタルが弱い」

と言われてしまったという方もいるかもしれません。

  

しかし、私はこの考えは間違っていると思います。

 

「ツライ」と思うのにブラックもホワイトも関係ありません。

 

ツラかったら逃げてもいいんです。

 

 耐えられないなら辞めてしまってもいいと思います。

 

 

周りの意見に流されるまま

自分を奮い立たせ、頑張りすぎたって、何もいいことはありません。

壊れてしまうだけです。身体も心も。

 

 

今回は、そう言った話をしていきたいと思っています。

お時間がある方はお付き合いください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホワイト企業で満足している人は意外に少ない

 

ホワイト企業というと「サービス残業」がなく「休み」が多い。

「福利厚生」も充実していて、働きやすい環境が整えっていると思っている人は意外に多いと思います。

 

実際、その通りだと思いますしブラック企業で働くよりは、

断然ホワイト企業の方がいいと思います。

ブラック企業で「サービス残業が3桁いった」なんて話も聞きますからね。

 

しかし、ホワイト企業だからといえ「辞めたい」と考えたい人がいないわけではありません。

むしろ、意外なほどに会社を辞めたいと考えている人は多いです。

「私もその一人です。」

 

 

私が勤めている会社はホワイト企業に分類されるはず

参考までに私が現在、どのような会社で働いていているのかを書きます。

もしかしたら、こんな条件で働いているのに辞めたいとか、

本当に甘えているだけなんじゃないかという意見をもたれる方もいるかもしれません...

 

東証一部上場

・年間の休日は150日程度ある。

・完全週休2日。

・月の残業時間は20時間以下。 大体5時間前後

・休日出勤は基本的になし。 あったとしても振替はできる。

・有給取得が推奨されている。 方針に従って会社を休めば8割は消化できる。

・有給の申請は不要。 前日までに関係者にメールを送ればOK。

サービス残業は不可能。

・ALL在宅OK。 出社しする必要なし。

フレックスタイム制。 1ヶ月の規定時間さえ働けば、1日の仕事時間は自由に決めれる。

・私服出勤OK。 アロハシャツでも良い。

 

 

こんな感じですね。

どうでしょう。

自分でも結構、労働環境に関してはいい会社だと思ってます。

 

 

「おいおい、めちゃくちゃホワイトじゃ無いか!」

「自由すぎるだろ!」

という声も聞こえてきそうです。

 

実際、働く環境だけ見れば、かなり恵まれている方だと思います。

それでも、毎日辞めたいと思っています。

 

残業がない分、時間の拘束は少ないですが、

ツライのは『時間じゃない』んですよね。

 

 

 

ホワイト企業でもツライと思ってしまう理由 

 

ホワイトとはいえ、仕事が楽なわけではない

ホワイト企業の場合、サービス残業はほとんどないはずです。

とはいえ、必ず定時内に終わるような楽な仕事ばかりではありません。

 

サービス残業がない、ということは

『時間が限られている』ということです

無制限に作業するなんてことは許されません。

企業が大きい場合、それは顕著に現れます。

利益を出すため人員や時間、経費は最低限で回されているでしょう。

 

「この作業にはこの時間までに」

という様に、使える時間が決まっていて、

超過することは許されません。

そのため、時間内に仕事を終わらせるように死ぬ気で働かなくてはいけません。

 

要するに、時間もない上に、社員一人に対する責任や作業量が多いです。

常にやることに追われるというのはツライです。

 

 

やりたいことが他にある

自分のやっている仕事が向いていない。

やりたいことが他にできた。

 

というような場合だと、それはそれでツライですよね。

向いていない仕事やつまらない仕事を頑張り続けるとそれだけで消耗してしまいます。

特に、私のような若い世代だと、このような状態に陥りがちだと思います。

 

自分は「コレ!」がしたいんだという思いがあるにかかわらず、

全く関係のない、興味のないことをやらされる。

それが働くということだろうと言われたらそれまでですが、

どうしても耐えられない人というのはいるものです。

 

正直、私は「仕事だから!」というような、考え方は少し古臭くて好きになれません。

「ツライこと」=「働く」という考えがイマイチしっくりこないです。

 

そんな考えだったら、最初からそんな会社を選ぶな!

という話ですが、入る前の段階で自分に合っているかどうかはわかりませんからね。

 

 

仕事が暇すぎる

時間内は常に仕事に追われているという人がいる一方、

「暇すぎる」という理由で辞めたいという方もいるかもしれません。

会社や仕事内容によりますが、

やることが何もない。というのもよくある話です。

 

ただ、会社にいるだけで金がもらえる!

それだけを聞くと一見幸せそうに見えますが、

実際体験してみるとそうではないです。

「やることがない分、時間が立つのが遅い」

 

スキルアップができない」

などなど、悩みはあります。

 

大きい企業の場合だと、

セキュリティがかけられていて

仕事に関係ないようなサイトは閲覧できないようにされていますからね。

何もしない時間ほど苦痛なこともないでしょう。

 

 

 

責任感は強いけどポンコツ

これは、私の話になるのですが、

一番ツライと考えているのがこれです。

ポンコツすぎる」

本当に辛いです。

 

やる気がなかったり、

手を抜いていたりするわけではないのですが、

どうしてもミスをしてしまうんですね。

どれだけ気をつけていても変わらないんです。

 

納期が決まっていて早く終わらせなければいけない。

焦れば焦るほどミスは増えていきます。

周りも、最初のうちは寛容ですが、「あぁ、またこいつか」みたいな態度をとる様になるんですよね。

これが本当にツライ。

いや、私これでも結構頑張ってるんですよ。

結果が全てですからね。仕方ないのもわかります。

f:id:nanana_777_ganbaru:20210315000120j:plain

 

我慢して続けた結果

「我慢が足りないだけだ」、「自分に甘えるな」

自分にその様に言い聞かせました。

すると、身体に次々と不調が現れる様になりました。

 

 

・好きなことに興味が持てなくなった

元々、映画を見たりゲームをするのが好きでしたが、

気がつくと仕事のことばかり考えてしって、

何をしても楽しくないという状態が続くようになりました。

 

精神的に余裕がなくなっていって、

「映画を見終わったらその分、会社が近づいてくる」

そんなふうに考えるようになりました。

今では、好きだったもの自分から避けていく生活をするようになりました。

 

 

 

・帰宅後、土日も満足に休めない

悲しくもないのに勝手に涙が出る状態が続くようになりました。

起きていると常に仕事のことを考えてしまうので

酒を飲んでひたすら寝るだけの生活をするようになりました。

 

平日の夜は寝るのが怖い。

起きたら仕事に行かなければいけないから。

休日は起きるのが怖い。

起きたら仕事のことを考えてしまうから。

 

 

・焦燥感が消えない

 

常に何かに追い詰められているような気がして、

気が休まる時がありません。

 

何に対してもイライラするようになり、

街ですれ違っただけの見ず知らずの人にたいしてでも

怒鳴り散らかしたくなる衝動に襲われるようになりました。

なんとか気持ちを押さえつけていても、

どんどん制御ができなくなっていきます。

 

 

・孤独になった

気力がわかず、引き篭もるようになったせいで

友達とは疎遠になっていき人付き合いもなくなりました。

おかげで時間は余るようになりましたが、

精神的に参っている状態では不安が募る一方。

相談できる人もいないので悪循環が止まらない状態に。

 

 

・他人にたいして過敏になった

誰かに見られたり、近くに笑っている人をいると、

自分のことを悪く言われていると錯覚するようになりました。

本当は違うのでしょうが、この不安がなくなることはありません。

常に人の視線を気にしてしまい。

何もできなくなっていきました。

 

 

 ・会社にいるだけで吐き気がする

自席に座っているだけで気分が悪くなり、

30分に一度トイレに駆け込むようになった。

トイレの個室に入ると少しだけ楽になる。

 

単純に体調が悪いわけではないないです。

病院で検査をしても何も異常がありませんから、

健康診断ではむしろオールAをとるくらい健康と診断されました。

 

・余計にミスが増えた

もっと頑張らなければいけない、

そうやって無理やり続けたせいで、

精神的に余裕がなくなり、ミスが増えるようになりました。

 

ミスが増えると、周りに迷惑をかけてしまったという罪悪感から

さらに心に余裕がなくなっていく。

そしてまたミスを繰り返す。

 

 

ミスをするのを恐れて消極的になっていく。

そして、評価がまた下がる。

負のスパイラルですね。

f:id:nanana_777_ganbaru:20210315224243j:plain

 

 

まとめ

結局、他人から見たら甘えているように見えるのは事実かもしれません。

でも、これだけは覚えていただきたい。

ツライのは他人ではなく「あなた自身」なんです

あなたがツライと思っているのにたいして、他人の意見なんて関係ありません。

 

 

ホワイトだろうがブラックだろうが、

どうしても環境に馴染めない人は出てきます。

人はそれぞれ耐えられるキャパシティが違いますから、

他人と比べても仕方ありません。

 

 

周りに、甘えだ、我慢が足りないなど、好き勝手言われて、そのまま仕事を続けても仕方ありません。 無理に続けても身体を壊すだけです。

身体を壊してしまったら、それでおしまいです。

会社員は自分の時間を切り売りして稼ぐ商売ですからね。

働けなくなったら稼ぐことはできません。

 

個人的な意見ですが、

「時間」こそが「この世の中で一番重要なもの」です。

それは言い過ぎだ。そう思いますか?

いいえ、そんなことはありません。

時間は何よりも重要な資源です。

お金なんてものよりも重要です。

 

お金は時間さえあれば生み出せます。

バイトでもなんでもすればすぐに手に入ります。

でも、お金はいくらあっても、時間だけは手に入りません。

それだけ貴重な資源を投資してまで、嫌なことを続ける価値はないでしょう。

 

 

私の様にボロボロになるまで頑張り続けないでほしい。

今、苦しんでいる人は、

私のように無駄な時間を過ごさずに、楽しく生活できる道を見つけて欲しいです。

 

 

 

 

 

参考までにですが、

この記事を読んでも納得できないという方は

下記の書籍を読んでみるといいかもしれません。

頑張り続けることが正しいと思っている考えを見直すきっかけになるかもしれません。