社会不適合者の生き方について考える

23歳IT企業に勤める3年目社員。自身のことを社会不適合者だと思って生きてきたが、発達障害だということが発覚。社会不適合者が生きていくための方法などを考えていく。

聴覚過敏

聴覚過敏は生きるのがしんどい

「人が話している声を聞いているのが不快だ」 「電子機器の稼働音やノイズを聞いていると頭が痛くなる」 「電車の踏切など特定の音を聞くと気分が悪くなる」 「人が多い空間で会話していると、周りの話し声と目の前の人の声が判別できずに話が理解できない」…